京都発達性ディスレクシア学習会

MISSION

私たちは、京都の LD 特に読み書きに障害をもつ発達性ディスレクシアに関心を抱く様々な職種、様々な見解を持つ人たちに研究交流の場を提供し、発達性ディスレクシアについての情報交換・啓発活動を行うとともに、発達性ディスレクシア児・者の支援に寄与する 活動を行います。

持続可能な療育と教育を

実績

2020年10月より、京都府乙訓地域で6回の読み書き障害の事例研を実施してきました。読み書き障害については、教育界でも20年以上も前からその支援の必要性が言われながら、なかなか支援が行き渡りません。その原因の一つに、行動の問題ならば周囲の関係者と直接の利害が生じやすいですが、学習の問題は他者との関係で、利害関係が生じにくいからです。簡単に言えば、他者は困らないからです。しかも、当事者ですら、自分が勉強できないのは自分のせいだと思っているからです。

そんな中でも通級教室担当教員を中心に読み書き障害は地道に支援が続けられてきました。しかし、支援している割には成果が上がりにくいことも読み書き支援の発展を妨げています。これは通級で支援できる回数が、週1回と極端に少ないことが原因です。読み書き障害への支援は毎日少しづつ積み上げることが求められます。また、この障害とは他の発達障害が合併しやすく、子どもによってはオーダーメイドの支援が必要となるからです。

こうした問題を、個々のケースに応じて地域福祉から量的にカバーすることも重要ですが、軽度まで入れると約1割と言われる発達性読み書き障害の問題は根本的には解決しません。そこで、学校関係者だけでなくこの問題に関心を持たれる支援者全ての結節点としてこの研究会は立ち上げられました。多くの関係者の皆さんの情報を集約し、最新の情報を皆さんに流通させることで発達性読み書き障害への社会的支援の一助になればと考えています。

1/22 宇野先生記念講演についての感想の抜粋


●大変勉強になりました。

ワーキングメモリーですが、実体のないものという事で、やっとスッキリしました。

wisc の検査を返す時に、いつもモヤモヤしていたのですが、そういう事なのかと思いま

した。ただ、まだ十分理解できていないと思います。

まだまだ、続きのお話を伺いたいと思っております。

ありがとうございました。

(自治体教育センター職員)


●宇野先生が「ICT を最初に使ってしまうと読み書きの力が伸びなくなってしまう。まず

聴覚法で読み書きの力をつけていくことが大切。」と話されたことで、ICTをどのよ

うに、どのタイミングで子どもたちに勧めていくのかは慎重になる必要があることがわ

かり、良かったです。

STRAW-R の集団式についても教えていただけたので、良かったです。一番心に残った

のは、支援は、何歳からでも始めれば、力をつけることができるということがわかった

ことです。今、子どもたちへと取り組んでいる支援が、少しずつでも実っていくんだ!

という思いになれたことが本当に良かったです。

実際の指導法のことについて、もう少し詳しく教えていただけたら嬉しいです。

(小学校通級教員)


●昨日の研修を受けて、以前、特別支援教育の勉強を始めて間もない頃だったかと思いま

すが、宇野先生の講義をどこかでお聞きしたときに「視知覚の問題は読み書きの困難と

関係ない」というような内容に衝撃を受けた記憶を思い出しました。

ただその時になぜ視知覚と読み書きの問題が関係ないのかがわからないまま、やっぱり

ビジョントレーニングも大事なのでは・・と思い、自分なりに必要だと思う児童には指

導をしていました。でも、昨日のお話を聴いて、読み書きと視知覚を分けて考えること

の大切さがわかったように思います。ワーキングメモリーとの関連については今回初め

てお聴きしたのでまた衝撃を受けましたが、じっくり考えると、考え方としては視知覚

と同じことなのでは・・と思いました。


ただ、教育の中でそのあたりがごっちゃになっていると感じましたし、できることなら

宇野先生がされている専門的教員の育成を受けてみたいと思いました。


ただ、今回の資料で発達性ディスレクシアの指導の進め方や STRAW-R の重要性を知

ったので、必要な子どもたちに実施できる力をつけたいと思います。

「支援のためには客観的評価が必要」とおっしゃった先生の言葉が、今まで聞いていた

以上の重みを感じました。

もっと勉強しないとダメだと感じた 2 時間で、あっという間で、もっともっとお話を聴

きたかったです。

(小学校通級教員)


●発達性読み書き障害について、整理して学ぶことができました。目の問題との関連も、

根拠に基づいて話していただき納得できました。早期に発見して対応することで、子ど

もたちが自信を無くしすぎてしまうことなく、貴重な年月も無駄にせずにいけることを

考えると、自分自身がしっかりと勉強して最新情報をもとに子どもたちに向き合ってい

かなければと改めて思いました。貴重な研修の機会をいただき、本当にありがとうござ

いました。

(自治体教育相談員)


●専門的な知見を非常にわかりやすくお話くださり、なるほど!と目から鱗でした。

質問にも丁寧にお答えいただき、大変ありがたかったです。

一つの行動に、どのような能力が関わっているのか、そして、検査はどの能力を査定し

ているのかを丁寧に見る必要があると改めて感じました。

特に、「書いて覚える」ことも「書き写す」ことも、まとめて「書く力」と捉えがちで

すが、「書いて覚える」ということには、視知覚、視覚記憶、意味記憶、音の記憶、筆

順の記憶が必要であること、「書写」(板書)には音読の力、文字の想起、書字運動が関

わっているというお話が印象的でした。

一つ一つの能力をみて、どこでつまずいているのかを、分析しなければいけないなぁと

思いました。

まだまだ、理解不十分なところもあるので、もう一度ビデオを見て復習したいと思いま

す。また、今回の続きをぜひお聞きしたいです。ありがとうございました。講義の中で

仰っていた「ひらがな 10 文字音読検査」について、標準化されているのか、など詳し

く教えていただけたら嬉しいです。

(小学校教員)


●講演冒頭の「よくある間違った理解」は、ついこの間の私の理解そのものでした。今も、

このように思っておられる先生も多くおられると思います。

また、発達性読み書き障害の定義や検出方法など基礎基本から教えていただけたことで、

再度、「発達性読み書き障害」について整理ができ、大変ありがたかったです。

今回は、読みだけでなく「書く」ことについても触れていただき、大変興味深かったで

す。読み書きに困っている子どもたちに出会うにつれ、まだまだ学びが足りないと感じ

ております。今後とも、よろしくお願いいたします。

(通級教員)